トップ

座って下肢静脈瘤対策

座りっぱなしで下肢静脈瘤

下肢静脈瘤の原因は座りっぱなし

仕事から家に帰ってきて、ふと自分の足を見てみると「青い血管が浮き出ている」「血管がボコボコしている」と思うことがあるかもしれません。最近、ずっと足がだるいとかむくんでいるという症状にも気付きます。仕事でずっと座りっぱなし、もしくは立ちっぱなしで足の血行が良くないことに原因があるかもしれません。それら下肢静脈瘤の疑いがある場合、仕事中、あるいは食事や家での生活習慣としてどんなことに気を付ければ下肢静脈瘤の対策になるのでしょうか?

そもそも下肢静脈瘤とはどのような症状で、どのようなことが原因で起こるのでしょうか?下肢静脈瘤とは、足の静脈に血液が溜まって、その一部が浮きでたりこぶのように膨らんだりする病気です。静脈の役割は、血液を心臓に戻すことですが、心臓から位置が遠い足の静脈の血液は、ふくらはぎなどの足の筋肉の収縮力を利用する筋ポンプ作用で血液を心臓に戻します。

さらに静脈には、心臓に戻る血液が逆流しないようにするための静脈弁がついています。もしふくらはぎの筋肉を使わないことが続くなら、筋ポンプ作用が働かなくなるので、足の静脈内の血液が溜まり、それらが血管に圧力を加えます。

これらが繰り返されるなら静脈弁にも負担がかかり、逆流防止機能を果たすことができなくなり、さらに静脈内に血液が溜まりそれが浮きでてるように見える、こぶ(溜)になるというわけです。

下肢静脈瘤とはどのような症状で、なぜそれが起こるのかが分かりましたが、足の特にふくらはぎの筋肉を使わないことが症状と関わっています。職場で、長時間座りっぱなしだと、足を動かすことがないのでむくみやだるさ、ひいては下肢静脈瘤の症状の発症につながる可能性が有ります。職場や、家でできる対策法を知って実践するなら、そうした心配から解放されて、きれいな脚をひそかに自慢できるでしょう。